○○のお店 本文へジャンプ
プログラム例(団体)のご紹介


メルボルン・ホームステイセンターでは、個人や少人数用のプログラムの他に、団体用のプログラムもご用意しています。

中高生修学旅行(一日学校訪問交流)  ⇒ モデル・スケジュール

 中高生の修学旅行のために200〜300名規模のプログラムです。ホームステイまたはファームステイを選択できます。 オーストラリアの生活を体験し、文化や生活習慣を学ぶことができますので、生きた国際教育にたいへん有意義です。

 現地の学校に訪問する「一日学校訪問交流」が含まれているプログラムです。通常、1〜3校に分かれて訪問し、当社からコーディネーターが同行します。

<手配時期> 2月〜6月、9月〜12月初旬

<滞在日数> 2〜3泊

<滞在スタイル>
   ホームステイ = 1家庭に1〜2名
   ファームステイ = 1農家に平均4〜5名

<手配地域>
ホームステイ = FRANKSTON 地区、
              GEELONG  地区
ファームステイ = MACEDON RAGES 郡周辺

<安全対策>
●期間中、当社コーディネーターが24時間体制で待機します。
●ホストファミリーには、ホストが同行しない外出は、全面禁止であることを徹底しています。
●ファームステイにおける乗馬やトラクター運転は、学校の許可なしに行いません。
●生徒に怪我や病気が発生した場合、医院・病院の手配などコーディネーターが対応します。






中高生修学旅行(T・Aと行く自主研修)  ⇒ モデル・スケジュール

 上記プログラムにもう一日追加するプログラムです。T・A(ツアー・アシスタント)が同行して、博物館や大学など、日本人生徒の希望する見学先をT・Aといっしょに、電車やトラムなどの公共交通機関を利用しながら巡ります。たいへん楽しく、英語の勉強に役立つとともに、生徒の自主性を養うことができます。



   ●T・A(ツアー・アシスタント)には、オーストラリア人の大学生を採用しています。


中高生のための英語研修+ホームステイ  ⇒ モデル・スケジュール

 ホームステイしながら、TAFEや大学、高校で英語研修を受けるプログラムです。通常、英語研修は午前中に行い、午後はアクティビティで各種見学や観光などを楽しんでいただきます。アクティビティでは、インターナショナルのクラスの交流もあります。現地の高校での英語研修の場合は、オーストラリア人の一般クラスを受講し交流することもできます。
 通学は、ホストファミリーが車で朝夕の送迎をしますが、ホストスチューデントの家庭に滞在する場合は、ホストスチューデントと一緒にバスか電車で通学します。
 ホームステイは、学校任せにせず、当社が独自に手配しますので、受け入れ態勢は万全です。他で見られるようなホームステイの不確定要素による混乱はありません。
 高校の国際科や英語科の春休み・夏休みの海外研修などにも最適なプログラムです。



<人数規模> 10名〜30名程度

<手配時期> 1月と12月中旬以降を除く通年

<滞在日数> 1週間〜3週間

<滞在スタイル> 1家庭に1人、または2人(希望による)

<手配地域> メルボルン全域、フランクストン地区、ジーロング地区

<研修内容>(例)
  ●オーストラリアの歴史
  ●現代オーストラリアの生活習慣
  ●オーストラリアの若者
  ●オーストラリアの地理、動物
  ●日常英会話(ロールプレイ)
  ●オーストラリアの家庭生活
  ●メルボルンの歴史遺産と観光名所
  ●オーストラリア人の休暇の過ごし方
  ●オーストラリアの具体的な生活と物価
    (学校により、多少内容が異なります)

専門学校のホームステイ英語研修旅行  ⇒ 直接お問い合わせください

 ビジネス系コースの学生向けのプログラムです。TAFEで英語研修を受け、学科に関係する社会施設を視察するなど、いろいろなアレンジが可能です。お問い合わせください。



<人数規模> 10名より

<手配時期> 7月、8月を除く通年

<滞在日数> 1泊より

<滞在スタイル> 1家庭に1人、または2人(希望による)

<手配地域> メルボルン全域、フランクストン地区、ジーロング地区

<通学>  ホストが車で送迎



※上記以外にも、ご希望に合わせたプログラムを組むことも可能です。